2013年07月16日

ヤマグチノボルがかなり話題のようですね。


毎度さんです〜あちきは、最近、自分の乱れた食生活を見直し中で、家でも外でも食事は野菜中心のメニューに切り替えたんじゃ。

あっそうそう、数年前に会った知り合いのAsian college of knowledge management小さな子供が、久々に再会したらもう大学生だって^^; いつまでも子供のイメージだったのに、今じゃ私より背が高くなって見おろされてしまった(;_;)
ところで、ハイヒールって、女性のものって思っていたら、どうも最初は男性の履き物だったらしい。18世紀のフランスで男女共に履くようになってから徐々に女性が知勇心になっていったみたいだけど、元々は、男性の履き物だったというのは意外過ぎる気が^^;
あ、そうそう、ヤマグチノボルが街で噂になっているみたいです。

ヤマグチノボルは、国内でも話題みたいです。あなたは、ヤマグチノボルをどう感じますか?
イヤ〜何か話があっちこっちですみません^^;ちょっと「お前は、何を言っとんねん!?」って感じですよね(笑)話が解らなくなってきたので話題を変えますね(笑)

ちょっと質問ですが、リピーターの多い ヘアサロンって知っていますか?知っていたら、どんな些細なことでも良いんで教えてください^^
それとヘアアレンジ ミディアムについても、教えてもらえたら嬉しいです^^
では、失礼致します。【機動戦士ガンダム 名言・シャア】ガルマ、聞Asian college of knowledge managementこえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい。  


Posted by offend at 15:10Comments(0)生活百事達

2013年07月16日

永寧—舞動著夢的翅膀在飛翔


永寧變了!是的,變了。這片蟄居在陝北腹地,曾經一度被慣於貧窮落後的窮鄉僻壤之地,在時代的偉大進程中,舒長袖,舞東風,實現了從貧窮走向富裕的翻天覆地的變化,留給世人幾多驚喜與感歎。

時光易逝,記憶猶存。每憶永寧過去時,只要對永寧的發展稍有了解的人,總會唏噓感歎一番。而對於我這個出生在上世紀八十年代,土生土長的永寧人,更是感慨頗多。

那時的永寧,與貧窮相伴,與落後共存。廣袤的土地,稀疏散落的村莊,破敗的茅草屋與土窯洞,衣衫不整的農戶人與迷茫的眼神,到處透著希裏死寂的氣息,讓人感受到的只是壓抑與絕望的氛圍,找不到一絲充滿了希冀的生機。只有當夕陽西下,農人下山,牛羊歸圈,炊煙嫋嫋升起時,整個村莊才會在吵鬧與喧囂中略顯得有點生機。遠望,群山相阻;俯視,溝壑相隔。出門全靠兩腿行走,運輸全靠人背牲口馱。在當時這個封閉落後的環境中,可憐的父輩們,早出晚歸,面朝黃土背朝天地在那充徹著黃褐的山山窪窪間揮汗如雨的勞作,換回來的卻是每年都在溫飽線上掙紮的不景氣境況。煤油燈,馱水的驢,走不完的羊腸小道,忘不了的穀澗山泉水,這一切兒時的畫面,現在每每憶起來,總會讓我的內心波瀾起伏,久久難以平息。

農村貧窮落後,而坐落在洛河之畔的政府駐地亦是一片荒涼。四面環山的小鎮,雜亂的排列著破舊的人字形瓦房,房頂上長著茅草青苔,在白花花的太陽光下,泛著蒼白的光,愈顯得古舊破敗。殘破的街道,坑坑窪窪,每當有雨雪天光臨時,更是一片狼藉不堪。鎮小,交通更不好。連接小城鎮走向大山外邊只有唯一的一條土路,顛顛簸簸的。每當雨雪季節到來時,幾乎失去了通行的功效,小鎮也就斷絕了和外界一切交流,不管你有多少著急與焦慮,都消逝在了無奈與無助的等待之中。

歲月記述了滄桑,夢想鑄就了輝煌。當神州大地到處春潮湧動時,永寧,這片古老的土地,在悠長的曆史中所孕育的夢想之花,在時代的陽光下,終於悄然開放了。

如今,只要你行走在永寧的山山水水之間,細細打量發生的點點滴滴變化,慢慢找尋那深埋心底所珍藏的記憶,你會無不贊歎這片土地所蘊著的深厚底蘊,贊歎這裏人民的勤勞與智慧,更贊歎這個時代的偉大與輝煌。曾經被黃褐色充徹的山山峁峁,都換上了綠色的新裝;曾經群山綿亙,溝壑縱橫的自然天塹,被如織的柏油路環繞,變成了便捷的坦途。山青了,水秀了,綠蔭之間,不見了兒時的土窯洞與茅草屋。放眼望去,群山相擁之間是碧綠的農田和成片的果園;跨步尋去,綠樹隱喻之處是窗幾明亮、庭院寬敞的新農村莊。如若你信步走入一戶人家的院子裏,總會得到主人的熱情招待。嶄新的家具,齊全的電器,白花花的自來水,以及主人臉上蕩漾的幸福與喜悅,你可能一時還不敢相信這是永寧如今農村真實的生活。農村變樣了,人民富裕了,而崛起在洛水河畔的永寧小鎮,更是變了。在這裏,樓房林立,街道寬闊,設施齊全,商賈雲集。細細品味,大城市的氣息在這裏也悄然的飄散著。你看,那一排排整齊的居民新居,是那樣的讓人神清氣爽;那一幢幢拔地而起的公租樓房,又給小鎮平添了幾分都市的氣息。街道上,行人熙熙攘攘;店鋪裏,交易聲音此起彼伏,處處湧動著激情,散發著生機。每當夜幕降臨時,小鎮籠在了次第亮起來的燈光中,顯得是那樣的安詳。而徜徉的洛河之水,在七彩的霓虹燈光映照下,一片流光溢彩。山上的星星燈也亮了,與天上的星星交相輝映。廣場上的音樂噴泉激情盎然的噴湧著,伴著曼妙的廣場舞,盛贊這個和諧奮進的時代。

時間依舊流逝,信念依舊堅定!永寧,這顆崛起於洛水之畔的新星,將在偉大中國夢的指引下,伴著時代鏗鏘前行的步調,舞動著夢的翅膀,繼續會書寫出更多使人憧憬、令人向往的輝煌。  


Posted by offend at 15:08Comments(0)生活百事達