2013年08月23日

ごくろうさま

もうすぐで今年も終わり。
お正月に向けて少し慌しくもあります。

先日のクリスマスは、みなさんいかが過ごされましたか?
パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんは子供達の為に、
彼や彼女のいる方はパートナーの為に・・・、ごくろうさまでした♪

私が独身で彼もいなかったある年のイブの日、(二人姉妹の)妹は彼とデート。
残された父と母、そして私。
なんとなく寂しい気持ちでいたそんな夕方、両親が

「今日はレストランへ行こう!!」と

私の好きなイタリアンへ連れて行ってくれたことがありました。

父が一緒だと、大体は中華や和食になりがちなのに、
私に気を使ってくれたのでしょう(笑)

「イルミネーションが綺麗だね♪」と

言いながら帰り、幸せを感じました。
今でもそのお店の前を通る度に、あの日のことを思い出します。

そしてこちらは、6年ほど前から活動している
<絵本の読み聞かせ>と<パネルシアターの会>の公演。

12月が1年で1番忙しく、あちらこちらのクリスマス会に出かけます。
今年最後の活動は、K保育園。
いつものゆったりした、Cafe青モードのスイッチを
読み聞かせの元気モリモリ!!モードに切り替えて出発です。

園児達も楽しんでくれたようでよかった♪

その日の給食は、
<クリスマスマスバイキング>
とっても美味しそう♪♪♪

先生から、

「よかったら、ご一緒にどうぞ。」の言葉に

「ありがとうございます!!」と

いただきました。

懐かしい給食の味。
とっても美味しかった・・・。  


Posted by offend at 18:21Comments(0)生活百事達

2013年08月23日

早安,世界


早上醒來,8點

早安,我的世界

拉開窗簾,明亮的陽光透過落地窗戶傾斜進來

在地面流淌出優美的舞蹈。

早安,我的世界

一直覺得睡覺是一件很神奇的事情,就像你不論前一天經曆了什麼,睡了一覺,即使不能恢複總也好過不少。忘了是誰說的唯有晨光從容,沒有疑問,新鮮如初,大概就是這樣的感覺吧。我喜歡早晨,一切都重新開始,仿佛那些失去都有了機會。

我的人生,普普通通,追求一些東西,也失去一些東西,說不上很樂觀,總也不是消極的。對於生活的態度,一直屬於不死小強型。即使偶爾無法對心底不斷擴散的悲傷喊停,但只要接觸到陽光,那些自討苦吃的想法便通通灰飛煙滅。再偶爾的偶爾,不淡定不從容了,也可以表現出現代人的樣子,若無其事地尋找些食物來填補內心的大洞。沒什麼大不了,幹什麼要世界陪著你悲傷。

說什麼讓心靈去旅行,太文藝。其實就是解開心的枷鎖,開始新的生活。你若不快樂,就出去走走吧。人生很短,世界很大,風景很美,機會很多,不要蜷縮在一處陰影中,獨自黯然。用你的笑容去改變這個世界,別讓這個世界改變了你的笑容。也請記得,對自己好些。

人是種奇怪的動物,為難他人的同時其實也是在給自己設置無形的障礙。人抬人,人上人,人整人,整死人。我們都中了繁花似錦的蠱,以為所有欲望都能變成鮮豔的花朵,流光溢彩,到最後才發現早已不是最初摸樣;以為這個世界不相信眼淚,只有不斷向前進,到最後才發現這個世界,不缺少懺悔。

午夜醒來的時候,聽到某首觸動心弦的歌的時候,疼痛被無限放大,透過皎潔的月光,仿佛可以清楚地看見自己心底那些壓抑著的黑暗蠢蠢欲動的影子和聽見靈魂哭泣的絕望的聲音,突然有種時空錯落的感覺,像是聞到過去腐爛了的頹敗氣息。有些尖銳傷害了別人,卻發現自己也會念念不忘。帶了些許的無奈,終是留不住曾經友善的美容專科對白。今晚,酸楚何處掩?

可是啊,有些東西,我們只能邊走邊忘。星辰離近了看,未必閃光,甚至表面粗糙,凹凸不平,無一活物,彌漫著蕭索淒涼之意,但它們高懸於天空之上,仍是頭頂的璀璨星空。原諒一些不足,有時候會收獲更多美滿。所以,有人傷害了你,如果可能的話,就原諒吧。畢竟憤怒的背後,充斥著無盡的疲倦。

不傷害別人,不為難自己。這,大概就是脫掉了心靈的枷鎖了吧。一顆心的溫度永遠超不過體溫,至少擺脫負擔的心跳可以為飛行提供力量。如果,你還沒有脫離束縛,沒關系,來得及,早晨又是重新開始。

記得,說聲:早安,世界!  


Posted by offend at 18:19Comments(0)生活百事達

2013年08月23日

Warriors star steals Benji's thunder


Benji Marshall's heir apparent stole his thunder to fire the Warriors to a 24-14 NRL comeback win over Wests Tigers at Leichhardt Oval on Friday night headphone stand.

Playing his last game at the Tigers' spiritual home after requesting an early release from the club at season's end, Marshall was unable to match the brilliance of his young New Zealand Test teammate Shaun Johnson.

Johnson delivered a second-half masterclass to haul the Warriors back from an eight-point deficit and all but extinguish the Tigers' flickering finals hopes.

Dubbed the "next Benji Marshall", Johnson kept the Warriors in touch at 14-6 down at the break with his side's only first-half four-pointer before igniting the revival with a 95-metre runaway try in the 56th minute.

The 22-year-old then laid on the match-winner for skipper Simon Mannering with a well-placed kick ahead after shredding the Tigers' defence.

Mannering's try came just six minutes after he was denied one off another Johnson grubber when the two video referees ruled the Warriors captain had knocked on trying to ground the ballQV Baby.

Seemingly headed to rugby union after being unable to reach an agreement with the Tigers, Marshall was teary-eyed at kick-off after receiving a rousing reception from the loyal crowd.

In the sixth minute he rifled a beautiful left-to-right cut-out pass for Ayshford to put winger David Nofoaluma for the first try of the night.

Marshall's sideline conversion attempt struck the upright but the Tigers were up and running with a 4-0 lead.

The hosts doubled their advantage in the 13th minute when Chris Lawrence ran off five-eighth Curtis Sironen and bounced out of a tackle to cross for the Tigers' second four-pointer.

Marshall again missed with his conversion attempt and the Tigers' lead was cut two two when Johnson crossed for the first of his tryscoring double in the 34th minute and added the extras.

A spectacular 65-metre solo try to exciting young winger Tim Simona on the stroke of halftime, converted by Marshall from in front of the sticks, restored the Tigers' eight-pointer buffer embroidered patches.  


Posted by offend at 18:19Comments(0)生活百事達

2013年08月16日

休日には


久しぶりの休日のこと。
何をしようかな?と
思いながらも、
やっぱり大好きな
お菓子作りです‼

私がケーキ作りにハマッたきっかけは<エンゼルケーキ>
卵白のだけを使い、真っ白で綺麗でやわらかなケーキです。

卵を別立てする<シフォンケーキ>も。
そのシフォン生地で作るロールケーキは、
最近、家族や友達に高評価を得られるようになりました。

私のお菓子作りは独学で、お手本にするレシピも本によって分量や手順が違い、
始めたばかりの頃は、どうしてこうなるの?と混乱してばかりでした。

何度も作り直したり試行錯誤を重ね、この頃なんとか、自分の理想としている

「口どけが良い、生地の食感を重視したもの」を

作れるようになってきました。
お菓子作りで常々感じているのは、

「お菓子って何て繊細な料理!!」ということ。
(素人が言う事なので、もっと重要な事があるかも知れませんが)

温度、タイミング、合わせ方、混ぜ方、焼き時間 、生地に合う中身…
どれもこれも大切で気を抜けない作業ばかりです。
そして素材も大切。
なかなか高級な材料を買い揃える事はできませんが、
いいもので作ると味も全く変わるんだろうなと思っています。

家でもカフェにいても、そして食べ物屋さんへ行っても
料理の世界の奥深さに圧倒されます。
プロってかっこいいです…。

一方、身近な私の料理の師匠はおばあちゃん。
美味しい料理が出てくると、作り方を必ず訊ねるのですが、

「ざぁっと炒める、キュッとして、ちょろっと足す、
 あれをちょっとこれとちょっと、ちゃちゃぁっと…」と

説明は擬態語が多く全然わかりません。
さすが?!私の師匠。

これからも私の花嫁就業はまだまだ続きます。
そしてお菓子作りも♪  


Posted by offend at 15:20Comments(0)飲食新天地

2013年08月16日

生存的目的和生命的尊嚴


曾幾何時我們也簡單過,曾幾何時我們的內心掀起過波瀾,曾幾何時我們想要改變世界,

曾幾何時我們隨遇而安,曾幾何時我們迷失了自我,曾幾何時我們丟失了尊嚴。

______【題記】

一、【童年的簡單】

童年是一個讓人很懷舊的字眼,會讓我們想起小時候有趣、傷心、開心很多的畫面。上學對我們來說只

是給單調的生活,無意之間加了一種特別的調味劑而已。

我們的朋友越來越多,我們的愛好越來越廣泛,我們的笑容越來越燦爛。在學校這個大家園裡面我們都玩的很忘我,一起翹課、一起喝酒、一起唱歌、一起學習,你們是否還記得是如何收到的禮物,如何寫下的情書。

你失戀了可以找人陪你哭,也沒有不可以說的話,那個時候大家都很簡單,也單純的以為這個世界就是這樣,就是這麼的簡單,跟我們一樣。

我們不顧一切的向前奔跑著,微笑著,毫無思想的看著對方。時間似乎有些按捺不住了,開始加快腳步的追趕我們,毫不留情的鞭打著我們的脊背。沒有屈服、沒有痛苦、沒有絕望,有的只是淡淡的哀傷。

二、【內心的波瀾】

隨著年齡的增長,我們開始步入社會,懵懂的我們就像是迷途的小羔羊,看著眼前花花綠綠不知所以的世界,我們就顯得格外的錯位。

踩著搖搖晃晃的步伐,沒有目的地的向前走著,眼前是一片漆黑,突然看不清了方向,失去了導航。

一個奇蹟般的相遇、一雙溫柔的小手、一對靚麗清澈的雙眼讓我找到了人生的目標。從此我決定我要愛你,多麼脆弱的一句話,多麼的無力蒼白。

生活向你和你身邊的人發起了挑戰,​​她走了,很簡單,生活的好一點是每個人的願望。在此時我又做了一個決定,我要做一些什麼,證明自己的存在,也可能是為了讓她後悔她的選擇。

過了多年以後我才知道,我愛你只是一句話而已,並不能代表什麼。

三、【改變世界】

懷著報復和理想我們出發了,帶著豪邁的氣息和有力腳步我們上了戰場,每一步都留下了深深的印記,每一個瞬間都讓我們渾身戰栗。

歲月在我們臉上烙下了不可磨滅的記號,我們的心靈經歷了一次漫長的路途,我們的靈魂遭到了無情的洗禮。

這個時候我終於明白,世界不可能改變的,改變的只有我們自己。

四、【隨遇而安】

我隨著人群走來走去,反抗過以後還是要回到這裡,每天起床就要戴上面具,不讓別人看清自己。只有晚上才能好好的休息,因為,回到了家裡。

啊!這裡到處都是毒氣,沒有辦法自由的呼吸,只有裝瘋扮傻的混在一起。漸漸的我失去了朝氣,慢慢的我沒了力氣。

此時的我只能隨遇而安的被困在這裡。

五、【丟失了自我】

我承受住了良心的譴責,走向了靈魂的沒落,雨水在我臉龐上滑落,卻不能洗刷我內心的角落。一次次的呼喊,一次次的墮落,請不要叫醒我,因為我已​​經迷失了自我。

六、【丟失了尊嚴】

看著浮躁的繁華,我竟然流出了開心的淚花,我用麻木的雙手捧著,看著略帶渾濁的淚珠,這就是世界給予我的昇華。

看著我眼前我所擁有的,東湊西湊怎麼也拼不起一個溫暖的家,四周都是冷冰冰的牆壁,心里大雪也是不停的下。我所得到的是很多人都有的,我失去的是一個不可代替的溫暖的家

用掉了我所有的尊嚴換回來了浮雲般的繁華,丟掉了原本驕傲的靈魂撿來了一個不懂事的娃。  


Posted by offend at 15:19Comments(0)生活百事達

2013年08月16日

Edben wins ATP match in Colombia


Australian Matt Ebden has beaten Taiwan's Jimmy Wang in the opening round of the Claro Open ATP tournament in BogotaNeo skin lab.

Ebden fought back after dropping the second set to oust Wang 6-1 2-6 6-1 in the hardcourt event.

After reaching a career-high world ranking of 61 late last year, Ebden has endured a difficult 2013, with his ranking dropping to 113.

Countryman Lleyton Hewitt beat him in the opening round of last weekend's grasscourt tournament in Rhode Island storage unit.

In other opening-round action at the Claro Open on Monday, sixth seed Santiago Giraldo won an all-Colombian match against Carlos Salamanca 6-2 6-4.

No.5 seed Adrian Mannarino from France beat Colombia's Alejandro Gonzalez 6-4 0-6 6-4 and Italy's Matteo Viola downed Illya Marchenko from Ukraine 6-1 2-6 6-1 chenille embroidery patches.  


Posted by offend at 15:18Comments(0)生活百事達

2013年08月08日

地元のキノコいろいろ


■ 白っぽいのが<タイコノバチ>で黒いのが<コウタケ>、小さいのは<ムギカラシメジ>です。

 連日ご紹介をしている、コンサートのアフターパーティ用フードメニュー。
実は採用されなかったものもいくつかありました。

そのひとつが

『飛騨産キノコのソテー』

良いか悪いか?今年はキノコの大豊作。というか異常発生?
去年は高額すぎて手が出せなかった、個性的な地物キノコたちが
今年は比較的安価に手に入ります。

しかしながら、普段デザートしか作らないcafeのキッチンツールで
ニンニクやエシャロットを刻むのは抵抗が。
キノコは水で洗えないから、大量だと汚れを落とすのも大変。
油が廻るしフライパン等の道具の持ち込みにも・・・
食べるにもカトラリーも必要で・・・といった諸事情で残念ながら不採用でした。

でもせっかくなので、おうちでキノコソテーを作りました。

<香茸>は字の如くとても香りが高く、
<タイコノバチ>はシャキシャキとした歯ざわりが良くて淡白な味。
「味噌仕立ての鍋に入れると美味しい」と、Yちゃんに聞いたので
翌日に残りを味噌ラーメンの上にトッピングしてみると・・・

「おいしーい!!!」

違う表情の味わいになりました。

子供達は初めに(子供にはクセのある?)<香茸>を食べてしまって
その後の手が出ません。

「トマトソースパスタに
してくれたら食べる。」

というお兄ちゃんの言葉を

「本当に?」と

疑いながらも<香茸>入りの
トマトソースパスタを作りました。
 ■ 楽しそうにパルミジャーノを削る我が子。
  本当はコレがやりたかったけ?

でもせっかく作ったのに

「美味し~い♪」と

言いながら<香茸>をよけて食べる子供達・・・。

コラ~!!!  


Posted by offend at 17:16Comments(0)生活百事達

2013年08月08日

春要用心去感受


一眨眼,冬便要過去了。不管是午後的陽光,還是松軟的新土,似乎都能品嘗出一絲春的氣息,淡淡的,又似乎很遠,仿佛隨時都能湮沒在那厚厚的羽絨服中,再也尋不到蹤跡。

很多時候,季節是一種心情。人在他鄉,總是對氣候的變化非常敏感,些微覺得腳下的凍土有了消散的痕跡,就會想起自家院子外的那棵垂柳大概也吐出了一絲綠意;剛剛感受到午後陽光的溫熱,便忍不住想起家鄉的老母親大概正偎著陽光和鄰居閑聊;在這樣的時候,我總是會忍不住打個電話,和母親聊上幾句,笑嘻嘻的詢問村頭那棵老杏樹今年是否已經開出了小花,然後在母親“還早,還早”笑語中滿足地掛掉電話。

獨自在外漂泊,最享受不到的或者就是春天了吧,特別是在這車水馬龍,難得綠意的工業區,春的味道似乎更淡了,仿佛過了嚴酷的冬就是暴虐的夏。自己的審美觀大概也會被這種反複的蕭索與繁茂搞的厭煩。在這樣的時候,不妨給家裏去個電話,向母親問問咱家的那棵小桃樹是否開花,和父親說說今年種一些什麼莊稼。或者你再低頭看時便會發下草坪裏的那些小草也會綠的可愛。

有時候春要用心去感受,而不是用眼睛去尋找。  


Posted by offend at 17:14Comments(0)生活百事達