2013年11月05日

手打ちそば 馬力屋

さぁ、朝7時に起きて気合を入れて出かける。
去年、奈良漬けを買いに行った鴻巣の康和堂漬金商店のちょっと先にある「手打ちそば 馬力屋」へ変わったうどんを食べに行く。

川幅鴨汁うどん 850円

なになに?
日本で一番川幅が広いと言われる、荒川の吉見から鴻巣間。
そこで、川幅に見立てて、幅の広いうどんを出したと。

長方形ではない。
一反もめんのように片側の幅が狭まる。折りたたみやすいようになっている。

ここら辺りも武蔵野うどんなんだろうね。
白くさらしていないうどん粉で、熱々の康婷清脂素鴨汁で食べる。器が持てないほど熱い。

うどんは、おいしい。
これ、きっとここの普通のうどんもおいしいと思う。
うどんもおいしいってことは、手打ちそばって書いてあるぐらいだから、本来そば屋ってことで、そばもおいしいんだろうと思う。

12時頃に店に入ったけど、どんどん混み始めて満席になった。
常連さんは普通にそばやうどんを食べて、私のようなうわさを聞いて食べにきたお客さんは、みな川幅鴨汁うどんだったように思う。
で、川幅うどんは太過ぎるからか、出てくるのに時間がかかる。茹で時間がかかるのかなぁ?そんな感じ。

鴨汁は、普通のうどんと味を変えているかどうかは分からないけど、かなり濃い味。濃い醤油味。鴨肉、ネギ、ゴボウが入っていた。
幅広いうどんにからめるには、濃い方がいいのかな?
うどんが終わって、割り湯も出してくれるので、それを入れても醤油味が濃いため全部飲めなかった。

川幅うどんは、鴻巣の時尚女裝地元グルメなので、ここだけではなくいくつか食べられる店がある。
ま、一度食べたらそれでいいかな。(笑)   


Posted by offend at 18:04Comments(0)飲食新天地