2014年04月16日

笑っていいともグランドフィナーレ






世界で初めてヤフーバナーに人物なんだそうです(間違っているかもし植髮失敗れませんが、昨日のニュースでそんなことを聞きました)。

笑っていいともが始まった時、1982年、今から32年前私は27歳でした。当時日曜日の増刊号を見るのが流行りでした。

1週間分(5日分)まとめて「明日瑪花纖體 marie france bodyline来てくれるかな、いいとも」のゲストを見るのが楽しみでした。数年はハマって見ていましたが、だんだんと飽きました。

そして、今日はグランドフィナーレだから見なくっちゃということで、見ています。

さんまさんは途中からどこへ行ってしまわはったのか・・・。

32年間生放送、同じ司会者というのは、きっとすごいことな膽固醇んですよね。

スマップの歌はみんながそれぞれ下手だった。だんだんと下手になっていかはる感じがする。
あの人達はそれぞれが活躍しているけれど、もっと歌を練習して欲しいってつくづく思う。

芸人と呼ばれる人たちは、この番組で育ててもらわはったから、あんなに泣けるのかな?とか。
感謝の気持ちがにじみ出てたり、それでも笑いを取ろうと努力したり。

つるべ師匠が「芸人にとって港みたいな人」と感謝のスピーチで話在線交友されていたので、あの涙はそういうことなのかもしれないなーと。

ちなみに私は、タモリさん、たけしさん、さんまさんの中ではさんまさんが一番好きです。

お笑いの中では鶴瓶さんも好きです。

さて、ワンズ、昨夜それぞれが正しい場所で寝ていま雷射削骨した。  


Posted by offend at 12:35Comments(0)瑪花纖體