2014年06月05日

ボクのヒトリゴト

我輩は凛太郎である。
本当に久しぶりの登場だ。ボクの話を待っていたみなさんは、待ちくた 瑪花纖體價格びれてしまったかもしれないね。

今日、母ちゃんはいつもより早く起きて・・・

「今日は母ちゃんはお仕事やから、朝の散歩はないしな、お留守番頼むで」といつものようにウソをついてボクタチを留守番させた!

ボクはまだとても小さかった頃「お仕事やし、賢こうに留守番しててな」と出て行く母ちゃんを見送り、帰ってきたら「おりこうにしてたか?ご褒美あげよな」とオヤツを貰う日々がとても長い間続き、本当に長いことヒトリで留守Employment Agency番をさせられていた。
その頃の条件反射で、おりこうにしていようと思ってしまうのだ。

だから「お仕事」と母ちゃんが言うと、つい玄関で見送ってしまう。小さいころのクセってコワイね。

けど、この頃の「お仕事」はたまーにしかないので、多分ウソだということに薄々感づいている。

なので、帰ってきたら他所のワンコのニオイがしていないか、美味しいニオイがしBotox去皺
ていないか、ハクにも一緒に点検するようにと声をかけ、それは厳しく二人で点検している。
点検が終わったら、ご褒美の要求をすることは忘れない。
これはボク一人だった頃より、ハクも加わって「くれーーーー」と2重音声で言うから、母ちゃんは、あまりにやかましいからくれずにいられなくなる。
こういう時、ハクも役に立っている。

いつものように帰ってきたら「ちょっと待ってて、もうすぐ散歩行くから」としばらく待たされてから散歩。

まあ、今日はちゃんと散歩に行ったから、よしということにしておこう。
時たま「あーーーアカン、しんどいからちょっと寝る」とか寝てしまって「ゴメン、今日散歩なし」と言う時もあるからね。

今日の散歩は気持ちよかったよ。
地面はぬるーくなっていたし、風も気持ちよかったし。

母ちゃんはボクを見ながら「大丈夫か~」「車乗るか~」「もうちょっと歩けるか~」と、気にしながら歩いてくれているのも結構気に入っている。

散歩の時くらいしか、ボクラのことを見ていないような気がしているからね。

ハクも時々母ちゃんを見ているけど、母ちゃんはハクとのアイコンタクトが上手くできていない。
ボクを見るほど、ハクを見ていないということもある。
まあ、ボクは体も弱いから、気にしてもらって当然という気持ちもあるけれど、ハクが時々気の毒に思うこともある。
そういうこともあるせいか、ハクは母ちゃんの言うことを1度で聞かないのかもしれない。

だから、要領の悪いハクは「あんたはなんで、いつも1回で言うこときかへんの!」と怒られている。


同じカテゴリー(瑪花纖體)の記事画像
オーベルジュ ヴィラゆりむん
近い人、遠い人。
同じカテゴリー(瑪花纖體)の記事
 オーベルジュ ヴィラゆりむん (2014-07-03 12:33)
 ローストビーフ麦とろ丼 / 泥棒 (2014-06-18 15:30)
 甲状腺の生体検査を受けました (2014-05-21 11:33)
 もうすぐ到着!ハクに大きなサークル (2014-05-12 15:41)
 コロッケ作り (2014-04-28 16:01)
 笑っていいともグランドフィナーレ (2014-04-16 12:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。